読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2016.11_GPD WINに付けるUSBメモリ

デジタルガジェット GPD WIN USBメモリ

GPD WINに接続するUSBメモリの話。

 

 

 

 

GPD WINはmicroSD、USB3.0、USB-C、MiniHDMIと、超小型な筐体なのに拡張性が高い。(MiniHDMIとかよく入れたよなぁ。。。)


とは言え、補助記憶装置(eMMC?)が64GBしか無いので必然的にmicroSDで補完する事になるけれど、、、この転送速度がまた遅くて閉口する。

 

なので多少勿体無いけど下記の構成にする事にした。

--------
USB3.0Sandisk ULTRA FIT 128GB(安くて速い)
microSD→Team 128GB 500x(激安。書込み遅い)
--------

 

f:id:Agent_Y:20161110205314j:image

 

 

USB3.0の転送速度はかなり速いので、仮想OS等のメインデータを保存。
microSDはWindows、仮想OS、DLデータ等のバックアップを手動保存。

 

基本的に挿したままになるので突然死を考えると2重化しておかないと不安。

 

USB-Aが無いと困るので早めにUSB-C→USB-Aのハブを探さなきゃなぁ。

 

f:id:Agent_Y:20161110210239j:image

 

ちなみに、既出のSandisk ultra fit をGPD WINにつけると背面はこのくらいの飛び出し具合。

 

f:id:Agent_Y:20161110210019j:image

 

ディスプレイは一段目の少し先までトラベル量が稼げる感じ。

そして冬だからか、発熱は仮想OS入れて使っても手で触れる程度。まぁ壊れる時は壊れますしね。